Thank you!

アクセス

トップページ > 会場別/出展案内 > アビスタ出展案内

アビスタ会場のご案内

鳥の切り絵、工作ワークショップ、野鳥映像放映、バードカービングによる社会貢献・野鳥保護・学校教育の紹介、全日本鳥フォトコンテスト作品展など盛りだくさん。
11月4日(土)には山階鳥類研究所と我孫子市鳥の博物館による鳥類講座や、全日本鳥フォトコンテスト講演会、劇団TEAM参本線による 公演などが行われます。
また、11月5日(日)には小・中学生、高校生たちが日ごろの研究成果を発表する「JBF2017環境学会」が開催されます。
※各イベント内容は変更する場合がございます。詳細な時間や内容は随時追加・変更いたします。

 

【アビスタ館外イベント・テントブース】

 

【アビスタ館内イベント】

アビスタ出展案内

無料鳥凧揚げ(鳥凧同好会主催)と水鳥観察

無料鳥凧揚げ(鳥凧同好会主催)と水鳥観察

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

「手賀沼公園では立体型の鳥凧揚げおよび展示を行い、来訪者が揚げる無料貸出用簡易鳥凧も用意してお待ちしております。また、スコープを設置しますので沼の鳥を観察しにお立ち寄りください。

>> 我孫子市鳥の博物館友の会

 館外テントブース

出展は4日(土)、5日(日)両日です。

出展一覧
PIZZA&カフェ Lacotta なご屋
Caff'e del CIELO オルハ
焼きたてメロンパン HAPPY HAPPY

PIZZA&カフェ Lacotta

PIZZA&カフェ Lacotta
無農薬で作った自家製小麦や野菜・我孫子や千葉産の作物を使ったPIZAを車の中で焼き上げ熱々を提供致します!野菜たっぷりのスープやコーヒーなどのお飲物と一緒にお召し上がりください!

なご屋

なご屋
千葉県産の食材を使ったオリジナルFoodを提供します。

Caff'e del CIELO

Caff'e del CIELO
新鮮な珈琲豆を使用した移動型コーヒースタンド。
一杯ずつ丁寧に注文をいただいてから淹れます。できたての香り豊かな珈琲をお楽しみ下さい。

オルハ

オルハ
《準備中》

焼きたてメロンパン HAPPY HAPPY

焼きたてメロンパン HAPPY HAPPY
クッキー生地1mmにこだわった焼きたてメロンパンは、ひとくちかじれば笑顔があふれます。

アビスタ エントランス出展案内

2017年11月4日(土)・11月5日(日)アビスタ(エントランス)出展・イベント
出展名・イベントタイトル
JOBANアートキャラバン in JBF2017 子どものあそびコーナー
Field Assistant Network

JOBANアートキャラバン in JBF2017

JOBANアートキャラバン in JBF2017

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

さまざまな芸術的取り組みが行われている常磐線沿線地域の4区4市と東京藝術大学、JR東日本東京支社が連携するJOBANアートライン協議会は、常磐線沿線をアートで結び活性化を図ります!
JBF2017ではアートアンブレラ作品を展示いたします。(アートアンブレラ体験、ライブペイントは行われません。)

>> JOBANアートライン協議会

子どものあそびコーナー

子ども遊び広場

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

あびこ子どもネットワークJrスタッフによる子ども達が企画する、子ども遊びの広場だよ。遊びにおいでよ〜。

>> あびこ子どもネットワーク ジュニアスタッフ

Field Assistant Network

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

Field Assistant Networkは自然保護活動に興味のある様々な大学や専門学校の学生が集まり、自然保護の活動をおこなっています。
活動の一つとしてバードウォッチングをして、自然保護団体に寄付をするチャリティイベントの学生バードソンの運営を行っています。
ブースでは来年度開催するバードソンの寄付金を募集いたします!
募金額に応じてグッズの用意も予定しております。是非お越しください!

>> Field Assistant Network

アビスタ1階出展案内

ホールの定員は120名、開場はそれぞれ開演の30分前になります。

2017年11月4日(土)アビスタ1階 出展・イベント案内
11月4日(土) 時間 区分 出展名・イベントタイトル
1F ストリート 9:30〜16:00 イベント リトルターン アート プロジェクト作品展
1F ホール 10:00〜11:00 演劇 TEAM参本線 Japan Bird Festival 2017参加公演
『オシドリはおしどり夫婦ではない』
1F ホール 12:30〜13:30 講演 全日本鳥フォトコンテスト講演会
1F ホール 14:30〜16:00
(開場14:00)
講演 鳥学講座「夢を運べ、北の島から日本の空へ
−絶滅から復活への道を歩むシジュウカラガン」
1F 工芸工作室 10:00〜16:00 出展 「野鳥写真展」写遊 暈(ぼけ)
2017年11月5日(日)アビスタ1階出展・イベント
11月5日(日) 時間 区分 出展名・イベントタイトル
1F ストリート 9:30〜15:00 イベント リトルターン アート プロジェクト作品展
1F ホール 9:30〜15:00 講演 JBF2017環境学会
1F 工芸工作室 10:00〜15:00 出展 「野鳥写真展」写遊 暈(ぼけ)

リトルターン アート プロジェクト作品展 (1F ストリート)

リトルターン アート プロジェクト作品展

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

「アートの力で、コアジサシを守ろう!」
森ヶ崎水再生センターのコアジサシを守る団体NPO法人リトルターン・プロジェクト(LTP)と 野生の生き物を描く日本ワイルドライフアート協会(JAWLAS)会員有志を中心とした作家たちとのコラボ企画を立上げました。LTPの協力で、森ヶ崎屋上営巣地のコアジサシたちを作家20人が取材し、各自の表現法を用いて作品をつくり、JBFにて初披露です。絶滅危惧種のコアジサシを主題としたアート作品をぜひご覧ください。

>> リトルターン・プロジェクト
>> 日本ワイルドライフアート協会

TEAM参本線 Japan Bird Festival 2017参加公演『オシドリはおしどり夫婦ではない』(1F ホール)

TEAM参本線 Japan Bird Festival 2017参加公演『オシドリはおしどり夫婦ではない』

4日(土):10:00〜11:00

こんにちは!私たちは、我孫子市を拠点に活動する劇団です。今回は、身近な鳥に関する言葉から広がっていく、意外とマジメでちょこっと笑えるストーリーをお楽しみいただければと思っています。
〜あらすじ〜
とある職場の同期3人。ある日の飲み会で、夫に連絡する1人が「おしどり夫婦だね」と茶化されると、「実はね、オシドリって、おしどり夫婦じゃないんだよ」と…。こんなやり取りから、鳥にまつわるあれこれで話が弾む。
そんな中、「人と鳥とが共存するって、どういうことを意味するのかなぁ、」と1人が呟いて…。
都市開発が進む現代社会の中、『人と鳥とが共存する街づくり』について、彼らは何を思い、何を考えたのか。

>> TEAM参本線

全日本鳥フォトコンテスト講演会(1F ホール)

全日本鳥フォトコンテスト講演会

4日(土):12:30〜13:30

審査員〔石丸喜晴(デジスコ写真家)・叶内拓哉(野鳥写真家)・戸塚学(野鳥写真家)・♪鳥くん(我孫子鳥の大使)・中野泰敬(野鳥写真家)〕が、入賞作や一歩入賞に届かなかった作品を見ながら講評いたします。

>> ジャパンバードフェスティバル実行委員会

鳥学講座
「夢を運べ、北の島から日本の空へ−絶滅から復活への道を歩むシジュウカラガン」(1F ホール)

鳥学講座「夢を運べ、北の島から日本の空へ−絶滅から復活への道を歩むシジュウカラガン」

4日(土):14:30〜16:00(開場14:00)

講師:呉地正行(くれち・まさゆき)日本雁を保護する会会長
参加費:無料(事前の申込み不要)

>> 山階鳥類研究所
>> 鳥の博物館

JBF2017環境学会(1F ホール)

JBF2017環境学会

5日(日):9:30〜15:00

小学校、中学校、高等学校の児童・生徒の皆さんが、生物・環境に関する日頃の研究成果を発表します。

>> ジャパンバードフェスティバル実行委員会

「野鳥写真展」写遊 暈(ぼけ)(1F 工芸工作室)

「野鳥写真展」写遊 暈(ぼけ)

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

普段から風景を始め、様々な写真コンペを行っておりますが、JBFでは毎年鳥の写真を集めて展示します。ぜひご覧ください。

>> 写遊 暈

アビスタ2階出展案内

2017年11月4日(土)、11月5日(日)アビスタ2階 出展・イベント
場所 区分 出展名・イベントタイトル
2F 第1学習室 イベント とりいれよう。暮らしに鳥を。工作ワークショップ
2F 第1学習室前 イベント 「紙鳥屋」穴澤 郁雄
2F 第2学習室 出展 「バードカービングで社会貢献」
2F 第2学習室前
ギャラリーエトセトラ
出展 「バードカービングで社会貢献」
2F 第3学習室 出展 「平成29年度千葉県愛鳥週間ポスターコンクール入賞作品展」
2F 第4学習室 出展 野鳥の切り絵(野村典儀)
2F 第4学習室 出展 3.11「東北魂」&手賀沼のカッパ、野鳥の造形陶芸
2F 第4学習室前 出展 傷ついた鳥写真展
2F 第5学習室 出展 野鳥映像でバードウォッチング(菅原 安)
2F ミニホール イベント 全日本鳥フォトコンテスト作品展

とりいれよう。暮らしに鳥を。工作ワークショップ (2F 第1学習室)

とりいれよう。暮らしに鳥を。工作ワークショップ

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

暮らしに「とり」いれられる、そんな鳥グッズを一緒につくりませんか?
『肩チュンbirdをつくろう!』 身近な鳥を形どった小さな張り子に絵付けをします。マグネット入りで肩にもチュン!ととまります。
『ハニカムペーパーで作る鳥の飾り』 薄紙を重ねた工作紙で鳥の飾りを作ります。カットして開くだけで立体が生まれる楽しさを体験してください。
などなど。絵具やはさみが使える方なら、子どもも大人も楽しめるWSが盛りだくさん!

>> 株式会社 鳥 & curious craft café

「紙鳥屋」穴澤 郁雄 (2F 第1学習室前)

「紙鳥屋」穴澤 郁雄

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

猛禽から小鳥まで、精密に作られた野鳥のペーパークラフトがフロアを飾ります。

「バードカービングで社会貢献」 (2F 第2学習室)

「バードカービングで社会貢献」

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

バードカービングが単に鳥の彫刻ではなく、アートでありサイエンスでもあることを見ていただきたい。多くの種類の野鳥の保護に役立ち、ツルのヒナの自然放鳥にも活用されています。
バードカービング展
小学校バードカービング展
視覚障害者のためのタッチカービング展

>> 日本バードカービング協会

「バードカービングで社会貢献」 (2F 第2学習室前 ギャラリーエトセトラ)

とりいれよう。暮らしに鳥を。工作ワークショップ

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

コアジサシのデコイによる保護活動の紹介と修理
中学校バードカービング展(コアジサシのデコイ)
子供のための小鳥のペインティング教室

>> 日本バードカービング協会
>> かしわ環境ステーション
>> リトルターン・プロジェクト

「平成29年度千葉県愛鳥週間ポスターコンクール入賞作品展」 (2F 第3学習室)

とりいれよう。暮らしに鳥を。工作ワークショップ

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

本コンクールは、県内の小・中・高等学校の児童・生徒がポスターの制作をとおして、愛鳥思想の普及啓発を図るとともに、その制作過程を通じて野鳥保護思想の高揚を図ることを目的として、昭和30年から毎年開催されている伝統あるコンクールです。
今回は入賞した60作品を展示します。いずれも、野鳥を大切にする気持ちにあふれたすばらしい作品ですのでどうぞ、ゆっくりとご鑑賞ください。

>> 千葉県環境生活部自然保護課
>> 日本鳥類保護連盟千葉県支部

野鳥の切り絵(野村典儀) (2F 第4学習室)

野鳥の切り絵(野村典儀)

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

野鳥、動物他の切り絵の実演、配布
・野鳥切り絵A4サイズ、ハガキサイズ販売 ・野鳥ブローチ(自作)販売・野鳥切り絵ステッカー配布

>> 野村 典儀

3.11「東北魂」&手賀沼のカッパ、野鳥の造形陶芸 (2F 第4学習室)

3.11「東北魂」&手賀沼のカッパ、野鳥の造形陶芸

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

>> リン ズイカ

傷ついた鳥写真展 (2F 第4学習室前)

傷ついた鳥写真展

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

桜井 浩さん、♪鳥くんによる「傷ついた鳥」をテーマにした写真展です。

野鳥映像でバードウォッチング(菅原 安) (2F 第5学習室)

野鳥映像でバードウォッチング(菅原 安)

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

【4K高画質ビデオ】×瞬間を切り取る【240コマのハイスピード撮影】×時間を縮める【タイムラプス撮影】など、ネイチャー映像を様々な特殊撮影&高画質で楽しんでいただけます。

>> 菅原 安

全日本鳥フォトコンテスト作品展 (2F ミニホール)

とりいれよう。暮らしに鳥を。工作ワークショップ

4日(土):9:30〜16:00、5日(日):9:30〜15:00

全日本鳥フォトコンテスト(BIRD-1グランプリ)は、ジャパンバードフェスティバルの実行委員会が主催する野鳥写真の公募展です。グランプリ作品には、文部科学大臣賞(生態・行動部門)、環境大臣賞(環境部門)が授与され、入賞作品はもちろん、ご応募いただいたほとんど全ての作品を展示いたします。全国の野鳥カメラマンが撮影した力作をご覧ください。

>> ジャパンバードフェスティバル実行委員会