Thank you!

アクセス

トップページ > 会場別/出展案内 > アビスタ出展案内

アビスタ会場のご案内

鳥の切り絵、折り紙、野鳥映像放映、バードカービングによる社会貢献・野鳥保護・学校教育の紹介など盛りだくさん。
山階鳥類研究所と我孫子市鳥の博物館による鳥学講座や、全日本鳥フォトコンテスト作品展、講演会などが開催されます。
また、屋外ブースでは鳥のグッズ販売、軽食などの出展がございます。
※各イベント内容は変更する場合がございます。詳細な時間や内容は随時追加・変更・更新いたします。
※小・中学生、高校生たちが日ごろの研究成果を発表する「JBF2016環境学会」は、11月6日(日)に我孫子駅南口を出てすぐの「けやきプラザ」9Fにて開催されます。

 

【アビスタ館外イベント・テントブース】

 

【アビスタ館内イベント】

アビスタ出展案内

無料鳥凧揚げ(鳥凧同好会主催)と水鳥観察

無料鳥凧揚げ(鳥凧同好会主催)と水鳥観察

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

「鳥の博物館 友の会」は博物館活動に協力し、楽しく鳥や自然を学び、「人と鳥の共存」への理解を深めるとともに、会員相互の親睦をはかることを目指した会です。現在5つの同好会(デジカメ・鳥絵・鳥凧・みて歩こう会・万葉集)が活動しています。手賀沼公園では立体型の鳥凧揚げおよび展示を行い、来訪者が揚げる無料貸出用簡易鳥凧も用意してお待ちしております。また、スコープを設置しますので沼の鳥を観察しにお立ち寄りください。

>> 我孫子市鳥の博物館友の会

 テントブース NPO・学生・任意団体出展案内

出展は5日(土)、6日(日)両日です。

出展一覧
はくラボ(認定NPO法人大阪自然史センター) フェイスペイントクラブ
中央学院大学 Team SPOON
学生バードソン2016

はくラボ(認定NPO法人大阪自然史センター)

はくラボ(認定NPO法人大阪自然史センター)
自然とのつながりを広げ深めるための窓口として、グッズ開発、書籍の出版、イベント出店、通信販売などに取り組んでいます。2001年4月から2016年3月まで、大阪市立自然史博物館ミュージアムショップを受託運営いたしました。
「ホネテープ<現生版>」「虫へん湯のみ」「鳥へん湯のみ」「たまごTシャツ」「たまごメモ付箋」「けものの歯バンダナ」などなど、専門家監修のもと作成した人気オリジナルグッズや書籍を多数出展予定です。ジャパンバードフェスティバル2016!初出展、とても楽しみにしています!

>> 認定NPO法人大阪自然史センター

フェイスペイントクラブ

フェイスペイントクラブ
地域でフェイスペイントを楽しもうと立ち上げました。たくさんの人達に笑顔をもらえたら嬉しいです。
バードフェスティバルなので、色々な鳥たちをかわいくペイントします。お祭り気分を盛り上げてくれること 間違いなしです!
★フェイスペイント【終日】
お客さんの顔や手などに、水性の絵の具で絵をペイントします。
色々な野鳥を描く予定(カラス・カワセミ・メジロ・オオタカ・シジュウカラ・キセキレイ・アカゲラなどなど) 1個 200〜300円(仮)
★ワークショップ 【両日とも 午前・午後 1回ずつ】
ペーパーウェイトを作ります。石に鳥を描いて作り、持ち帰っていただきます。 1回 300〜500円(仮)

>> フェイスペイントクラブ

中央学院大学

中央学院大学
皆 さんジャパンバードフェスティバルにお越し頂きありがとうございます!私達中央学院大学ブースでは学生チャレンジプロジェクトの街角案内人、 ABIカー ド、あびマップの3チーム合同で本日は参加しております!我孫子ゆかりの文豪たちの衣装を着た大学生と記念撮影や我孫子をテーマにしたカード ゲームの体験 会、皆様の野鳥ベストスポットを教えてください!あびマップ番外編などをご用意しています。是非お越しください!

>> 中央学院大学

Team SPOON

Team SPOON
世界に生息するクロツラヘラサギはわずか3500羽。SPOONでは、その中から5羽のクロツラヘラサギを選び、彼らが身につけている足環を指輪にデザインしました。
指輪を身につけクロツラヘラサギを想うことで、心に自然を持ち、身近な環境にも遠くの環境にもやさしさを向けること。そして、指輪をつけた人同士が国や地域を越えてつながることでクロツラヘラサギが飛来する東アジアの地域に平和をもたらすこと。
SPOONはこうした目標に向かって様々な活動をしています。

>> Team SPOON

学生バードソン2016

稲敷雁の郷友の会
学生バードソン2016とは、バードウォッチングと募金活動を掛け合わせたイベントです。毎年この競技には、全国各地多くの方にご参加いただきます。現在は今年の募金先「シマフクロウの森を育てよう!プロジェクト」への募金を募集中です。また、スタッフ手作りの鳥のオリジナルグッズをご用意しております。どうぞお立ち寄りください。

>> 学生バードソン2016

 テントブース グッズ展示・販売出展案内

出展は5日(土)、6日(日)両日です。

出展一覧
ワークショップ「体験“タマゴ式”鳥絵塾」 谷口高司&ベクトル鳥のいろいろ工房
Pev1/4 Hobby's World(ホビーズワールド)
鳥工房AYA ジェーエストレーディング(株)
招き鳥の巣 motif工房
大橋弘一野鳥写真事務所「ナチュラリー」 クレマン
福楽夢庵(ふらむあん) 東葛マーチング委員会(太平洋印刷株式会社)
Nina

ワークショップ「体験“タマゴ式”鳥絵塾」

ワークショップ「体験“タマゴ式”鳥絵塾」
毎年恒例の体験“タマゴ式”鳥絵塾。
国内外で野鳥図鑑を手がける、野鳥図鑑画家谷口高司の直接指導のもと、誰でも、楽しく野鳥を描ける“タマゴ式”の手法で、野鳥を描いてみませんか?
絵が苦手な方でも、大丈夫。野鳥を描くことで、もっと身近に鳥の世界を感じることができます。
5日(土)・11:30〜コアジサシ ・14:30〜カイツブリ ・15:30〜コアジサシ
6日(日)・10:00〜ミサゴ ・12:00〜ツバメ
先着12名様。参加費画材費込500円。1回45分 会場で事前申し込み制。
※画材はこちらで用意したものをお使いいただきます。
※小学生以上の鳥が大好きなお子さんの参加も大歓迎ですが、親御さんの席の用意はありませんので、ご承知のうえお申し込みください。
※講座内容の撮影・録音・録画は著作権保護のためお断りしています。

>> (有)フィールドアート

谷口高司&ベクトル鳥のいろいろ工房

谷口高司&ベクトル鳥のいろいろ工房
美しい野鳥イラストで、野鳥を身近に感じてみませんか?
日本で一番、野鳥図鑑を手掛けている野鳥図鑑画家谷口高司のブースです。繊細な筆致を活かしたさまざまなオリジナル鳥グッズを今年も数多くお持ちします。お気に入りの鳥が見つかりますように。

>> (有)フィールドアート

Pev1/4

Pev1/4
金属のネックレス、バッチや手ぬぐい、置物、バックなどの鳥のグッズを制作・販売しています。

>> Pev1/4

Hobby's World(ホビーズワールド)

Hobby's World(ホビーズワールド)
野鳥関連グッズ、バードウォッチング関連グッズを販売します。

>> (株)日本鳥類調査

鳥工房AYA

鳥工房AYA
野鳥の絵をステンシルでTシャツ、手提げ、巾着、ポーチ、トートバッグ、ディッシュケースなどにあしらいました。とにかく可愛いです。是非探鳥のお供にお持ちください。

>> 鳥工房AYA

ジェーエストレーディング(株)

ジェーエストレーディング(株)
ジェーエストレーディング(株)では「北欧の暮らしを日本に」を合言葉に北欧製品をさまざまご紹介しております。
北欧の家にはほとんどといっていいほど、どの家にもバードフィーダーが設置されています。スウェーデンの家をモティーフにしたスウェーデンデザインのバードハウスやバードフィーダーを是非ご覧ください。

>> ジェーエストレーディング(株)

招き鳥の巣

招き鳥の巣
今年も新作の鳥グッズを沢山用意しております。是非お立ち寄りくださいませ。

>> 招き鳥の巣

motif工房

motif工房
野鳥をモチーフに羊毛フェルトを使って制作したハンドメイドのオリジナルグッズの販売をしています。
ストラップやブローチ・巾着など全て1点ずつ作家が手作りした作品です。今年は新たにペンギン達が仲間入り!
観るだけでも楽しめるブースとなっておりますので、是非お立ち寄りください!

>> motif工房

大橋弘一野鳥写真事務所「ナチュラリー」

大橋弘一野鳥写真事務所「ナチュラリー」
野鳥写真家・大橋弘一の著書やグッズ等を販売します。また、新しく発足する「ウェルカム北海道野鳥倶楽部」のご案内・入会受付も行い、北海道への野鳥観光を応援します。

>> 大橋弘一

クレマン

クレマン
イギリス、ガードマン社から輸入した野鳥用品やガーデニング用品をご紹介します。
英国鳥類学協会(BTO)とガードマン社が提携して開発し、鳥類学の専門家が設計、商品テストなどに関わった、フィーダー、巣箱、バードバス、ファットボールなど、デザインもお洒落で高機能なものを揃えています。
その他、じょうろ、風見鶏、シャベル、ドアマットなどのガーデニング用品もございます。

>> クレマン

福楽夢庵(ふらむあん)

福楽夢庵(ふらむあん)
古来より人と鳥との関係は長く深く、鳥と採る、食べるでした。
ひと昔前では、近所のおじいや達が、軒先に鳥籠を下げて小鳥の声を愛でており、今では鳥の絵を描く人、鳥の写真を撮る人、鳥のすべてを学問にする人、鳥を見に行くツアーを組む人、鳥を見に来てほしい観光地の人、鳥の本を作る人・売る人など、様々な楽しみ方をしている人達がいます。
福楽夢庵では木彫りの鳥のブローチを作製しております。是非、目で楽しみ、手で触れて楽しんでください。

>> 福楽夢庵(ふらむあん)

東葛マーチング委員会(太平洋印刷株式会社)

Nina

Nina

>> Nina

 テントブース NPO・学生・任意団体出展案内

出展は5日(土)、6日(日)両日です。

出展一覧
弥生軒 焼鳥宅配便
ユニーク TCafe' del CIELO(カフェ デル シエロ)

弥生軒

弥生軒

>> 弥生軒

焼鳥宅配便

ユニーク

ユニーク

>> ユニーク

Cafe' del CIELO(カフェ デル シエロ)

Cafe' del CIELO(カフェ デル シエロ)

>> Cafe' del CIELO(カフェ デル シエロ)

アビスタ エントランス出展案内

2016年11月5日(土)・11月6日(日)アビスタ(エントランス)出展・イベント
出展名・イベントタイトル
JOBANアートキャラバン in JBF2016 子どものあそびコーナー

JOBANアートキャラバン in JBF2016

JOBANアートキャラバン in JBF2016

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

さまざまな芸術的取り組みが行われている常磐線沿線地域の4区4市と東京藝術大学、JR東日本東京支社が連携するJOBANアートライン協議会は、常磐線沿線をアートで結び活性化を図ります!
アートアンブレラキャラバンは、JR東日本の忘れ物傘を活用し、傘に絵を描くイベントです。自分で絵を描く、アートアンブレラ体験はもちろん、藝大生によるライブペイントも開催します。

>> JOBANアートライン協議会

子どものあそびコーナー

子ども遊び広場

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

「子どもも あそんで楽しもう JBF!」 わたあめ、ゲームほか親子で楽しめるイベントが盛りだくさん! (あびこ子どもネットワーク ジュニアスタッフ)

アビスタ1階出展案内

ホールの定員は120名、開場はそれぞれ開演の30分前になります。

2016年11月5日(土)アビスタ1階 出展・イベント案内
11月5日(土) 時間 出展名・イベントタイトル
1F ストリート 9:30〜16:00 全日本鳥フォトコンテスト作品展
1F ホール 10:00〜11:00
(開場9:45)
谷口高司講演会「自分だけの探鳥地ガイドを作ってみよう」
1F ホール 11:30〜12:30
(開場11:15)
アルパインツアーサービス講演会
「バードガイドが教えるとっておきのベストシーン」
1F ホール 13:30〜15:00
(開場13:15)
鳥学講座「コアジサシ保全活動の現場から」
1F 工芸工作室 9:30〜16:00 「野鳥写真展」写遊 暈(ぼけ)
2016年11月6日(日)アビスタ1階出展・イベント
11月6日(日) 時間 出展名・イベントタイトル
1F ストリート 9:30〜15:00 全日本鳥フォトコンテスト作品展
1F ホール 11:00〜12:00 松田道生トークショー「野鳥の鳴き声の魅力と聞き分け方」
1F ホール 12:30〜13:30 全日本鳥フォトコンテスト講演会
1F 工芸工作室 9:30〜15:00 「野鳥写真展」写遊 暈(ぼけ)

全日本鳥フォトコンテスト作品展 (1F ストリート)

全日本鳥フォトコンテスト作品展

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

全日本鳥フォトコンテスト(BIRD-1グランプリ)2016応募作品の一部をストリートに展示いたします。(メイン会場は2Fミニホールです。)

>> ジャパンバードフェスティバル実行委員会

谷口高司講演会「自分だけの探鳥地ガイドを作ってみよう」 (1F ホール)

谷口高司講演会「自分だけの探鳥地ガイドを作ってみよう」

5日(土)10:00〜11:00(開場9:45)

自分だけの探鳥地ガイドを作ってみよう!まずはマイフィールドから!
ロングセラー「図鑑と探鳥地ガイドでまるごとわかるバードウオッチング」監修者が製作秘話や、作り方ノウハウこっそり教えます。
※本が教材となります。お持ちでない方は入り口でお求めの上ご入場ください。
後援:JTBパブリッシング

>> (有)フィールドアート

アルパインツアーサービス講演会 「バードガイドが教えるとっておきのベストシーン」 (1F ホール)

アルパインツアーサービス講演会

5日(土)11:30〜12:30(開場11:15)

世界中で鳥を観察しているバードガイド、そして日本国内の鳥に精通しているバードガイドがそれぞれの目線で、ぜひ見ていただきたいワンシーンを、写真を使ってご紹介します。
「どの鳥との出会いに感動したか?」「場所が変われば出会いがこんなにも変わる」といった普段は聞くことができない話を語ります。「バードガイドが見たい鳥はなにか」など、本音も飛び出す1時間。ぜひ、お聞き逃しのないように!
出演:日比彰、石田光史、田仲謙介

>> アルパインツアーサービス(株)

鳥学講座「コアジサシ保全活動の現場から」 (1F ホール)

鳥学講座「コアジサシ保全活動の現場から」

5日(土)13:30〜15:00(開場13:15)

講師:北村 亘(きたむらわたる)(東京都市大学環境学部講師)

>> 山階鳥類研究所

>> 鳥の博物館

松田道生トークショー「野鳥の鳴き声の魅力と聞き分け方」 (1F ホール)

松田道生トークショー「野鳥の鳴き声の魅力と聞き分け方」

6日(日)11:00〜12:00

日本野鳥の会理事の松田道生が、「聴く」バードウォッチングの楽しみ方をご紹介します!

>> 松田道生

>> (公財)日本野鳥の会

全日本鳥フォトコンテスト講演会 (1F ホール)

全日本鳥フォトコンテスト講演会

6日(日)12:30〜13:30

審査員〔石丸喜晴(デジスコ写真家)・叶内拓哉(野鳥写真家)・戸塚学(野鳥写真家)・♪鳥くん(我孫子鳥の大使)・中野泰敬(野鳥写真家)〕が、入賞作や一歩入賞に届かなかった作品を見ながら講評いたします。

>> ジャパンバードフェスティバル実行委員会

「野鳥写真展」写遊 暈(ぼけ) (1F 工芸工作室)

「野鳥写真展」写遊 暈(ぼけ)

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

手賀沼周辺の野鳥を写したものを中心に、近辺では見ることが出来なくなった鳥も県外へ足を延し、野鳥の生き生きとした姿を写した作品など展示しています。

>> 写遊 暈

アビスタ2階出展案内

2016年11月5日(土)、11月6日(日)アビスタ2階 出展・イベント
場所 出展名・イベントタイトル
2F 第1学習室 海外からの出展各国によるスライドショー
2F 第1学習室 新著『野鳥の呼び名事典』出版記念 大橋弘一トークショー「鳥の名前の楽しみ方」
2F 第1学習室前 「紙鳥屋」穴澤 郁雄
2F 第2学習室 「バードカービングで社会貢献」
2F 第2学習室前
ギャラリーエトセトラ
「バードカービングで社会貢献」
2F 第3学習室 「平成28年度千葉県愛鳥週間ポスターコンクール入賞作品展」
2F 第4学習室 野鳥の切り絵(野村典儀)&折り紙(渡辺陽一郎)
2F 第4学習室前 「傷ついた鳥」写真展
2F 第5学習室 ビデオでバード・ウォッチング(菅原 安)
2F ミニホール 全日本鳥フォトコンテスト作品展

海外からの出展各国によるスライドショー (2F 第1学習室)

「平成26年度千葉県愛鳥作品コンクール入賞作品」の展示

5日(土):9:30〜13:00、6日(日):13:00〜15:00

〈準備中〉

新著『野鳥の呼び名事典』出版記念 大橋弘一トークショー「鳥の名前の楽しみ方」(2F 第1学習室)

大橋弘一トークショー「鳥の名前の楽しみ方」

5日(土):14:00〜15:00、6日(日):11:00〜12:00

大橋の新著『野鳥の呼び名事典』(世界文化社)の内容に沿い、鳥の和名の語源由来や伝承、古典文学での扱われ方などを楽しくお話しします。最新の生態写真もスライドショーでご覧いただけるほか、新設予定の「野鳥倶楽部」(仮称)のご案内も予定しています。
【野鳥写真家・大橋弘一プロフィール】
日本の野鳥を撮り続けて30年。図鑑系の著書は新刊の『野鳥の呼び名事典』で16冊目。他に、図鑑・雑誌等への写真提供、執筆等多数。2003年発行の『鳥の名前』(東京書籍)以来、鳥名の語源由来や伝説伝承、文学作品との関わりを精力的に文献取材。図鑑で見せる科学の視点と語源からたどる文系の視点を兼ね備えた野鳥解説に定評がある。『庭で楽しむ野鳥の本』『散歩で楽しむ野鳥の本』(以上、山と溪谷社)、『北海道野鳥ハンディガイド』(北海道新聞社)など著書多数。

>> 大橋弘一

「紙鳥屋」穴澤 郁雄 (2F 第1学習室前)

「紙鳥屋」穴澤 郁雄

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

猛禽から小鳥まで、精密に作られた野鳥のペーパークラフトがフロアを飾ります。

「バードカービングで社会貢献」 (2F 第2学習室)

「バードカービングで社会貢献」

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

バードカービングを通して野鳥に親しみ、鳥の保護活動に参加できます。目の見えない人も野鳥の姿を触察で理解することができます。
バードカービング展
小学校バードカービング展
視覚障害者のためのタッチカービング展

>> 日本バードカービング協会

「バードカービングで社会貢献」 (2F 第2学習室前 ギャラリーエトセトラ)

「バードカービングで社会貢献」

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

コアジサシのデコイによる保護活動の紹介と修理
中学校バードカービング展(コアジサシのデコイ)
子供のための小鳥のペインティング教室

>> 日本バードカービング協会
かしわ環境ステーション
リトルターンプロジェクト

「平成28年度千葉県愛鳥週間ポスターコンクール入賞作品展」 (2F 第3学習室)

「平成28年度千葉県愛鳥週間ポスターコンクール入賞作品展」

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

本コンクールは、県内の小・中・高等学校の児童・生徒がポスターの製作をとおして、愛鳥週間の普及啓発を図るとともに、その制作過程を通して野鳥保護思想の高揚を図ることを目的として、昭和30年から毎年開催されている伝統あるコンクールです。
今回は入賞した60作品を展示します。いずれも、野鳥を大切にする気持ちにあふれたすばらしい作品ですのでどうぞ、ゆっくりとご鑑賞ください。

>> 千葉県環境生活部自然保護課
日本鳥類保護連盟千葉県支部

野鳥の切り絵(野村典儀)&折り紙(渡辺陽一郎) (2F 第4学習室)

野鳥の切り絵(野村典儀)&折り紙(渡辺陽一郎)

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

野鳥、動物他の切り絵・折り紙の実演、配布
・野鳥切り絵A4サイズ、ハガキサイズ販売
・野鳥ブローチ(自作)販売
・野鳥切り絵ステッカー配布

>> 野村 典儀/渡辺陽一郎

「傷ついた鳥」写真展 (2F 第4学習室前)

「傷ついた鳥」写真展

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

桜井 浩さん、♪鳥くんによる「傷ついた鳥」をテーマにした写真展です。

ビデオでバード・ウォッチング(菅原 安) (2F 第5学習室)

ビデオでバード・ウォッチング(菅原 安)

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

貴重な野鳥映像をゆったりスペースで、“癒し”の時間をお楽しみください。

>> 菅原 安

全日本鳥フォトコンテスト作品展 (2F ミニホール)

全日本鳥フォトコンテスト作品展

5日(土):9:30〜16:00、6日(日):9:30〜15:00

全日本鳥フォトコンテスト(BIRD-1グランプリ)は、ジャパンバードフェスティバルの実行委員会が主催する野鳥写真の公募展です。グランプリ作品には、文部科学大臣賞(生態・行動部門)、環境大臣賞(環境部門)が授与され、入賞作品はもちろん、ご応募いただいたほとんど全ての作品を展示いたします。全国の野鳥カメラマンが撮影した力作をご覧ください。

>> ジャパンバードフェスティバル実行委員会