Thank you!

アクセス

トップページ > 会場別/出展案内 > 鳥博広場出展案内

鳥博広場のご案内

献血にご協力ください(我孫子ライオンズクラブ)
我孫子ライオンズクラブは「知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」と誓っています。
そして、ジャパンバードフェスティバル2017においては、献血活動を行います。輸血を必要としている患者さんの尊い生命を救うため、みんなで献血しましょう。

エコツアー関係展示

出展は4日(土)、5日(日)両日です。

出展者・出展団体一覧
アルパインツアーサービス株式会社 Sicklebill Safaris (シックルビルサファリ)

アルパインツアーサービス株式会社

世界各地の自然豊かな場所で、鳥をはじめとする生き物を楽しんでいただけるのが、アルパインツアーサービスのネイチャリングツアーです。

>> アルパインツアーサービス(株)

Sicklebill Safaris (シックルビルサファリ)

オーストラリア、ケアンズを拠点に世界中でバードウォッチングツアーを催行しています。ツアーは少人数の貸切ツアー。海外探鳥をお考えの方、ぜひお立ち寄りください。

>> Sicklebill Safaris (シックルビルサファリ)

書籍展示・販売出展案内

出展は4日(土)、5日(日)両日です。

出展者・出展団体一覧
BIRDER(文一総合出版) 株式会社 山と渓谷社
ナチュラリー/ウェルカム北海道野鳥倶楽部 有限会社 鳥海書房
昆虫文献 六本脚 生態科学出版株式会社

BIRDER(文一総合出版)

月刊誌「BIRDER」最新号だけでなくバックナンバーをずらりと並べます。他にも、バードウォッチングに役立つ書籍、自然書各種をイベント特価で取り扱っておりますので、ぜひ足をお運びください。

>> (株)文一総合出版

株式会社 山と渓谷社

トークイベント「歌う鳥のキモチ」とあわせて、石塚徹先生の新刊書籍を先行販売!野鳥の図鑑や自然ジャンルのおすすめ本を中心に、普段より得な「イベント特別価格」で書籍を販売しています。さらに、自由に図鑑アプリ・図鑑読み放題サービス「図鑑.jp」の体験コーナーもあるので、是非お立ち寄りください!

>> 株式会社 山と渓谷社

ナチュラリー/ウェルカム北海道野鳥倶楽部

北海道の自然を見つめ、野鳥観光推進をお手伝いするナチュラリー&ウェルカム北海道野鳥倶楽部です。札幌在住の野鳥写真家・大橋弘一の著書や野鳥グッズ、北海道自然雑誌fauraなどを販売します。野鳥を求めて北海道へ行ってみたい方に北海道の野鳥情報を発信し、北海道探鳥旅行のプランニングのアドバイスなど様々な形であなたの野鳥ライフを応援します!

>> ナチュラリー/ウェルカム北海道野鳥倶楽部

有限会社 鳥海書房

「会場では鳥に関する読物、図鑑、写真集、専門書等を販売いたします。ご来場の機会に是非お手に取ってご覧ください。神保町の店舗では、鳥は勿論、その他動物、昆虫、植物、魚類、釣り、料理等様々な自然科学に関する古書を取り扱っております。お近くにお越しの際には、是非お立ち寄り下さい。

>> 有限会社 鳥海書房

昆虫文献 六本脚

「昆虫文献 六本脚」は、鳥類・昆虫・生物関連書籍の専門書店です。
鳥類や昆虫、その他動植物、自然環境に関する和書・洋書やグッズを取り揃えています。ご希望の書籍があればお取り寄せも可能です。また、店員には現役バーダーがいます。Webショップと、市ヶ谷に店舗もございます。是非ご来店ください。

>> 昆虫文献 六本脚

生態科学出版株式会社

「日本と北東アジアの野鳥」という図鑑は、2007年にロンドンのHELM社から「BIRDS OF JAPAN AND NORTH-EAST ASIA」として英語で出版され、2016年6月に弊社から日本語版を英語版から大幅に内容を変えて出版した図鑑です。当日は、この図鑑を販売し、図鑑の中から日本で記録のある北東アジアの野鳥たちの写真を展示致します。併せて、野鳥自然写真家の若尾親さんが作成した野鳥カレンダーや温かみのあるポスターなども販売致します。

>> 生態科学出版株式会社

グッズ展示・販売出展案内

出展は4日(土)、5日(日)両日です。

出展者・出展団体一覧
Hobby's World(ホビーズワールド) スウェーデンのバードグッズ(J.S.Trading)
野鳥生活 我孫子インフォメーションセンターアビシルベ
インコサミット フルーツパレット
ののとりことりと渓流魚 ぼんきまる 東葛マーチング委員会
いきものらぼ 野鳥の器 うち山

Hobby's World(ホビーズワールド)

今年は撮影関連ブースと雑貨ブースで出店します。
雑貨ブースでは、Tシャツやエコバッグ、ペンケース、モ用紙、一筆箋、羊毛フエルトなどを用意します。

>> Hobby's World(ホビーズワールド)

スウェーデンのバードグッズ(J.S.Trading)

スウェーデン ワイルドライフガーデン社の製品を中心にバードハウス、バードフィーダー、小鳥のオブジェなどをご紹介いたします。

>> スウェーデンのバードグッズ(J.S.Trading)

野鳥生活

昨年も大人気だった「野鳥ステッカー」はとうとう100 種類を越えました。今回は、ご希望が多かった「水辺の鳥」や「海鳥」も増え、さらに楽しく魅力あるステッカーになっています。
野鳥好きにはたまらない新作グッズを是非手に入れてください。「ふざけたことを大マジメにやる!」を合い言葉に、「野鳥生活」は日々、野鳥を観察しつづけています。

>> 野鳥生活

我孫子インフォメーションセンターアビシルベ

我孫子市の情報発信基地「我孫子インフォメーションセンター アビシルベ」のブースでは「我孫子市」「アビシルベ」のPR及び「我孫子市ふるさと産品」我孫子市観光PRキャラクター「手賀沼のうなきちさん」グッズ等の販売を予定しております。みなさまのご来場、お待ちしております。

>> 我孫子インフォメーションセンターアビシルベ

インコサミット

インコサミットは鳥を愛する男性クリエイター(かんたろう・TOMO YAMASHITA DESIGN STUDIO.ロワテロ)が集まる愛鳥家集団です。インコ党、飼ってますバッチ、インコのしもべ、鳥家紋シリーズのオリジナルグッズをはじめ、面白くてかわいいインコ、オウム、文鳥などのオリジナル作品を販売予定です。

>> インコサミット

フルーツパレット

おいしいドライフルーツのお店です。セキセイインコやオカメインコ等大好き人間の集まりで、毎年出展させて頂いています。種類豊富に取り揃えていますので、御試食しながらお気に入りをお選び下さい。

ののとりことりと渓流魚 ぼんきまる

どんぐりで作った鳥や魚等を販売します。

東葛マーチング委員会

いきものらぼ

「人といきものをデザインでつなぐ」をコンセプトにグラフィックデザインのお仕事などをしております。PICTGRAM+TORIでPICTRIGRAMという、直感的に鳥の種類が識別できるようなグラフィックを用いた商品を、展示及び販売する予定です。

>> いきものらぼ

野鳥の器 うち山

陶器の制作をしています。身近な野鳥をデザインした器を作ってみました。茶碗、マグカップ、お皿、豆皿、ポット、その他いろいろ出展予定です。

海外バードウォッチング

台湾野鳥保育協会

簡単なご紹介はこちら→JBF Facebook(外部リンク)

 

Tum-Eco Tour Co., Ltd(モンゴル)

簡単なご紹介はこちら→JBF Facebook(外部リンク)

 

Wild Bird Club of the Philippines(フィリピン)

簡単なご紹介はこちら→JBF Facebook(外部リンク)

 

BORNEO BIRD CLUB MALAYSIA(マレーシア)

Travel Nepal pvt.ltd(ネパール)

Hawaii Island Festival of Birds(ハワイ)

Bird Conservation Society of Thailand(タイ)

イスラエル大使館

鳥博広場NPO、学生関係展示出展案内

出展は4日(土)、5日(日)両日です。

出展者・出展団体一覧
公益財団法人 日本鳥類保護連盟 我孫子野鳥を守る会 2017 千葉県野鳥の会
日本野鳥の会千葉県 公益財団法人日本野鳥の会 我孫子市鳥の博物館友の会
NPO法人 行徳野鳥観察舎友の会 もっと知りたい江戸前の海!葛西三枚洲の野鳥たち 北海道の海鳥と十勝の野鳥
北海道天売島 海鳥ケイマフリ展 知床ウトロ海域の海鳥 コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
利根運河の生態系を守る会 稲敷雁の郷友の会 北総の森・巨樹古木研究会
NPO法人 日本チョウ類保全協会 NPOさとやま 日本ワイルドライフアート協会有志 販売ブース
はくラボ(NPO法人大阪自然史センター) NPO法人TSUBASA ふなばし三番瀬海浜公園・ふなばし三番瀬環境学習館
海のゴミに悩まされる鳥たち 鳥取県 八東ふる里の森 四十雀雁物語〜夢を運べ、北の島から日本の空へ〜
(一財)公園財団 Project WILD 河川を軸とした関東エコロジカル・ネットワーク NPOサヘルの森 我孫子
鹿児島県出水市 ツルと渡り鳥の会

公益財団法人 日本鳥類保護連盟

"こんにちは!公益財団法人 日本鳥類保護連盟です。
JBF2017では、新デザイン野鳥のピンバッジ、2018年版野鳥カレンダーなどの野鳥グッズや野鳥の楽園「バードピア」に関連したエサ台(バードフィーダー)などの展示・販売を行います。昨年も大人気だったペットボトルに装着するだけでバードフィーダーになる「バードレストラン」も引き続き販売。その他、バードフィーダーを多数取り揃え、価格・デザイン・スペース・呼びたい鳥に合わせて選んでいただければと思います。当日、スタッフが笑顔でお待ちしておりますので、是非とも当連盟ブースへお越しください!"

>> 公益財団法人 日本鳥類保護連盟

我孫子野鳥を守る会 2017

手賀沼周辺の野鳥について、知りたい、学びたい、楽しみたいという方は是非オオバン広場の「我孫子野鳥を守る会2017」のテントにお越し下さい。「手賀沼にはどんな鳥がいるの?」「それはいつ頃?」「どこで見られるの?」「散策の時に出会う鳥の名前は?」「庭に鳥を呼ぶには?」「鳥の塗り絵がしてみたい」等々、様々な疑問にお答えします。大人も子供も楽しめる、情報満載、楽しさ一杯のブースです。

>> 我孫子野鳥を守る会 2017

千葉県野鳥の会

千葉県野鳥の会は千葉県内を中心に、年間100回以上の探鳥会を行っています。
伊豆沼(宮城県)や御岳山、渡良瀬遊水池など県外の探鳥会もあります。三番瀬、行徳、谷津干潟、花見川では毎月探鳥会行っています。野鳥を守るために三番瀬などで保護活動を行い、野鳥を知るために調査活動を行い、毎月会報を発行しています。
詳しいことは展示ブースでお聞きいただくか、当会のホームページをご覧ください。

>> 千葉県野鳥の会

日本野鳥の会千葉県

公益財団法人日本野鳥の会の地域活動を担っています。千葉県内を中心に、年100回を超える探鳥会を開催しています。
野鳥に関わる写真、絵画、詩歌等の本会会員の作品と塗り絵コーナー、人気カレンダー等の販売コーナーもあります。

>> 日本野鳥の会千葉県

公益財団法人日本野鳥の会

日本野鳥の会は1934(昭和 9)年 に設立された自然保護団体です。野鳥とその生息環境を守ることで、生物多様性の保全に取り組んでいます。イベントでは、野鳥図鑑やバードウォッチンググッズの販売、日本野鳥の会の活動の紹介を行います。

>> 公益財団法人日本野鳥の会

我孫子市鳥の博物館友の会

友の会の活動成果の展示と共に、鳥に関したミニ工作をお楽しみください。

>> 我孫子市鳥の博物館友の会

NPO法人 行徳野鳥観察舎友の会

野鳥観察舎休館となり間もなく2年となりますが、観察施設としての再開は見通しがたちません。厳しい状況ですが、行徳鳥獣保護区での活動や野鳥病院は健在です。保護区にもぜひ遊びに来てください。
ブースでは活動紹介(ポスター展示)や傷病鳥救護活動への募金箱設置、ポストカードの配布のほか鳥マスコットの色塗り(100円)を予定。どうぞお立ち寄りください。

>> NPO法人 行徳野鳥観察舎友の会

もっと知りたい江戸前の海!葛西三枚洲の野鳥たち

日本野鳥の会東京は、今年で設立70周年を迎えました。ブースでは、いま力を入れている取り組みである、葛西臨海公園(東京都江戸川区)のラムサール条約登録を目指す活動を紹介します。これからの時期に訪れる葛西の名物、数万のスズガモが、ひと足早く我孫子で見られます!ぜひお立ち寄りください。

>> 日本野鳥の会東京

北海道の海鳥と十勝の野鳥

北海道東部で見られる海鳥を中心に、豊富な写真で紹介すると同時に「北海道の海鳥」シリーズの既刊、フェス直前に発行予定の最新刊も購入できます。陸上を含めた十勝の野鳥についても写真や資料を用意して、十勝・道東での探鳥相談にも応じます。海、川、山、湿原などの魅力を詰め込んだブースに是非足をお運び下さい。興が乗れば居合わせた人間でトークライブ状態になることもあるので、何度でもおいで下さい。

>> 道東鳥類研究所

北海道天売島 海鳥ケイマフリ展

真紅の足が美しい海鳥、ケイマフリ。アイヌの人々が赤い足という意味でケマフレと呼んだのが名前の由来です。「海のカナリア」とも呼ばれるのは、ペアが鳴き交わす求愛の高い声が美しく響き渡るから。天売島はケイマフリ約800羽が生息する国内最大の繁殖地です。
ケイマフリカレンダーの無料配布(先着2000名様)やオリジナルグッズの展示・販売を行うなど、ケイマフリの魅力を余すところなく伝える展示を目指します。。

>> 天売島ケイマフリぷろじぇくと

知床ウトロ海域の海鳥

知床ウトロ海域環境保全協議会は、海鳥研究者・環境省ウトロ自然保護事務所・宿泊業者・小型観光船業者が集まって持続可能な海域利用を目的としています。環境省指定の絶滅危惧種「ケイマフリ」をシンボルとして「海鳥を調べて・守って・楽しむ」活動を行っています。その中で、4年前から7月の中旬から下旬まで「知床海鳥ウィーク」を開催し、各観光ホテルにて夜に「海鳥トーク」・大型観光船の航行中に海鳥観察会・海鳥ウィークのメインイベントとして、サンセット海鳥クルージングを行っています。

>> 知床ウトロ海域環境保全協議会  

コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)

私たちは、国内でコウノトリの飼育や野生復帰に取り組む機関が、連携してコウノトリの保全に取り組むために結成した組織です。兵庫県立コウノトリの郷公園、(公社)日本動物園水族館協会、東京都多摩動物公園などで構成されています。国内では野生下絶滅したコウノトリは、関係者の努力により復活し、現在、野外で100羽を超えました。我々は、今後も生息域内・生息域外を問わず、遺伝的多様性に配慮し、コウノトリの保全を積極的に進めていきます。

利根運河の生態系を守る会

"利根運河の生態系を守る会は、千葉県北西部最大の豊かな水と緑の回廊である、利根運河とその周辺の自然・生態系・景観を後世に伝え、残していきたいと考える有志が集まり、1999年10月に設立しました。
当会の活動報告、2017年千葉県内陸部の鷹渡り調査結果を展示します(2017年以前の調査結果も展示。来訪者に調査結果配布もあり)。毎年利根川を越えて南に渡るタカの調査結果と分析を展示しています。タカに興味ある方、是非来てください。待っています。利根運河周辺植物調査報告書や野鳥ポケット図鑑等の販売もします。"

>> 利根運河の生態系を守る会

稲敷雁の郷友の会

関東地方唯一の雁の越冬地である茨城県稲敷市で、越冬地周辺地域の皆さんや市・土地改良と連携を図りながら保護活動を行っています。越冬期間中の雁(オオヒシクイ)の様子や越冬地周辺の野鳥たち、私たちの活動模様等を紹介します。気軽にゲームに参加し、越冬地周辺の農産物が当たるコーナーが毎回好評で、今年も計画していますのでお楽しみに。

>> 稲敷雁の郷友の会

北総の森・巨樹古木研究会

遥か、いにしえから生き続ける巨樹や古木の息吹を感じて見ませんか?千葉・北総を舞台にして、巨樹古木や歴史を訪ねる観察会を行っています。現会員は≒100名。ふなばしで巨木マップも製作、自然の保全に努めています。

>> 北総の森・巨樹古木研究会

NPO法人 日本チョウ類保全協会

日本チョウ類保全協会は、チョウを自然環境のシンボルとして、いろいろな生き物がすめる自然環境の保全を進めています。ブースでは、日本のチョウの約3割が絶滅の危機にある現状を伝え、絶滅危惧種を守る取り組みを紹介します。また、図鑑「フィールドガイド日本のチョウ」やピンバッチ、会報誌などの販売もします。鳥が好きな方にも、興味を持っていただけると思いますので、皆さまにお立寄りいただけるのをお待ちしております。

>> NPO法人 日本チョウ類保全協会

NPOさとやま

市野谷の森など流山市内の自然保全活動を行っています。流山市はおおたかの森駅周辺を中心に新しく移ってこられる方が増えており、それらの方々にも自然、生きものに関する情報を発信し、つき合い方を知っていただく機会が増えています。

>> 特定非営利活動法人NPOさとやま

日本ワイルドライフアート協会有志 販売ブース

日本ワイルドライフアート協会は、皆さまに野生生物の美しさを伝えることを目的に、野生生物を対象とした作品を制作、展示している団体です。このブースでは、協会会員有志による作品集や絵本、絵ハガキ、小さな作品などの販売を行います。お好きな鳥をその場で色紙に描く実演や、作者による絵本のサイン会も行う予定です。あなたのお気に入りが見つかるかもしれません。是非、お立ち寄りください。

>> 日本ワイルドライフアート協会

公益財団法人 はくラボ(NPO法人大阪自然史センター)

大阪の自然史博物館を拠点に、「自然スキ」を増やす活動を行っています。博物館友の会の運営や子ども向けイベント、ミュージアムグッズの制作やお店の運営に取り組んでいます。JBFでは活動紹介とともに、オリジナルミュージアムグッズの販売も行います。売上は自然の普及教育活動に活かさせていただきます。

>> 認定NPO法人大阪自然史センター

NPO法人TSUBASA

TSUBASAはインコやオウム、フィンチといった飼い鳥のレスキュー団体です。様々な事情で飼えなくなった鳥たちの保護や里親活動、適正な飼養に関する啓発活動を行なっています。
ブースではTSUBASAの活動を掲示している他、皆様から頂いた鳥グッズ「支援の羽」(手作り雑貨、売り上げはTSUBASAの募金に繋がります)やTSUBASAを支援する商品を置かせて頂いておりますので、ぜひ興味のある方はお立ち寄りくださいませ。

>> NPO法人TSUBASA

ふなばし三番瀬海浜公園・ふなばし三番瀬環境学習館

ふなばし三番瀬海浜公園の前面に広がる三番瀬は、日本一のミヤコドリの渡来地であり、春と秋の渡りの時期には多くのシギ・チドリ類が観察できるほか、夏にはコアジサシやアジサシ、冬にはハマシギやスズガモの大群が観察でき、1年を通して野鳥観察を楽しむことができます。また、今年の7月1日には園内に自然と直結した新しいタイプの施設「ふなばし三番瀬環境学習館」がオープン!「知る」「考える」「学ぶ」の3つのゾーンで構成され、三番瀬の魅力を体験しながら、三番瀬の環境について学ぶことができます。

>> 「ふなばし三番瀬海浜公園・ふなばし三番瀬環境学習館」管理運営グループ

海のゴミに悩まされる鳥たち

海岸のゴミの半分以上は町で捨てられ、川や水路を伝わって流れてきたものです。困り者はプラスチックゴミで、劣化により砂粒より細かくなりますが、それでもまだプラスチックのままです。海水中にはこうした微小なプラスチックが大量に浮遊していると考えられており、海鳥などの生物に与える影響も近年知られるようになっています。もし何も対策を講じなければ、いづれ食物連鎖を通じ人の健康にも影響が及ぶのではないかと心配されています。

>> 神奈川野生動物救護連絡会

鳥取県 八東ふる里の森

アカショービン、オオコノハズク、赤色コノハズク、コノハズクといえば、鳥取県の八東ふる里の森です。同時に4種類の鳥が見えるのも八東ふる里の森です。八東ふる里の森ブースで会いましょう。

>> 鳥取県 八東ふる里の森

四十雀雁物語〜夢を運べ、北の島から日本の空へ〜

日本雁を保護する会では、1980年から群れの渡来が途絶えてしまったシジュウカラガンの復活をめざす取り組みを、国内外の様々な人々の協力を得て行ってきました。最近その成果が実り、日本へ渡ってくる羽数が2000羽を超えました。今回はかつてはシジュウカラガンの中心的な生息地だった手賀沼のほとりで、シジュウカラガンが歩んできた長い道のりについて、繁殖地、中継地、越冬地や、この取り組みに深く関わってきた方たちも含め紹介します。

>> 日本雁を保護する会

(一財)公園財団 Project WILD

飛ぶためのからだの仕組みは?鳥の巣はおうち?小さいのに何千キロも渡りができるヒミツは?そんな問いを“体験しながら考える”ことのできる、日本初!?の総合的な「鳥」の環境教育プログラムを近日公開します。今回の出展では、プログラムの先行体験に加え、専用グッズやプログラムの講師養成講座の開催予定などを紹介します。
※Project WILDは「自然や環境のために行動できる人」の育成を目的とした、野生生物を題材とした教育プログラムです。

>> 一般財団法人 公園財団

河川を軸とした関東エコロジカル・ネットワーク

本協議会は、関東地域において多様な主体が協働・連携し、コウノトリ・トキ等を指標とした河川及び周辺地域における水辺環境の保全・再生方策の推進と併せて、これらをシンボルとしたにぎわいのある地域振興・経済活性化方策に取り組み、広域連携モデルとしてのエコロジカル・ネットワークの形成による魅力的な地域づくりの実現を目指して活動しています。

>> 関東エコロジカル・ネットワーク推進協議会

NPOサヘルの森 我孫子

「サヘル」とはサハラ砂漠の南縁部を指します。当会は、西アフリカのサヘル地域に位置するマリ共和国で30年近く砂漠化防止活動を続けているNPOです。環境保全活動を通して西アフリカの乾燥地と手賀沼を結びたいとJBFには第3回から参加しています。今年も鳥の巣(実物)を展示して「鳥の巣当てクイズ」を行いますので、ぜひ挑戦して下さい。ハタオリドリなど珍しい鳥の巣、バオバブの実、鳥をモチーフにしたアフリカの泥染や仮面などもあります。

>> NPOサヘルの森 我孫子

鹿児島県出水市 ツルと渡り鳥の会

鹿児島県出水市は、冬になると一万羽以上のツルが飛来、越冬する世界有数の渡り鳥の街です。15種類中5種類のツルが毎年安定して観測できる貴重な土地でもあります。そのような環境は、現地に住む人々の努力や工夫、再度に渡る試みの上に実現されました。今回の展示では、写真パネルや出水市在住の芸術家・吉野弘一氏による模型作品を使って出水市の取り組みや渡り鳥(ツルを中心に)の生態、人と鳥の共存や問題について紹介します。会場では野鳥保護のための寄附を目的とした鳥の模型販売も行いますのでご協力ください。

行政関係展示案内

出展は4日(土)、5日(日)両日です。

出展者・出展団体一覧
コウノトリと共生する地域づくり推進協議会 コウノトリ・トキの舞う関東自治体フォーラム
北海道・道東 野鳥の楽園『根室市・別海町』 タンチョウの故郷・くしろ
十三崖チョウゲンボウ応援団 世界自然遺産 小笠原諸島
クマゲラの島 利尻島 11 ISLANDS 東京諸島
鳥博ミュージアムショップ 静岡県下田市

コウノトリと共生する地域づくり推進協議会

野田市でコウノトリが安定的に棲める「自然と共生する地域づくり」、コウノトリをシンボルとした「地域振興」と「環境教育・環境学習」の推進を通し、地域の生物多様性保存・再生・創造を目的としています。

>> コウノトリと共生する地域づくり推進協議会(千葉県野田市)

コウノトリ・トキの舞う関東自治体フォーラム

本会は、関東地方がコウノトリやトキのかつての主要な分布域であったことや、これらの種が良好な水辺や緑地の指標となることに鑑み、多様な主体の協働・連携によりコウノトリ・トキの野生復帰を通じたエコロジカル・ネットワークの形成を図り、もって地域の振興と経済の活性化を促す魅力的な地域づくりを実現させることを目的として活動しています。

>> コウノトリ・トキの舞う関東自治体フォーラム

北海道・道東 野鳥の楽園『根室市・別海町』

野鳥の楽園と呼ばれる北海道東部。特にラムサール条約登録湿地「風蓮湖・春国岱」「野付半島・野付湾」を有する根室市・別海町は、日本記録種の6割近くが確認されている日本有数のバードウォッチングスポットです。
タンチョウやオオワシなど道東の野鳥紹介をはじめ、エトピリカなど海鳥に出会えるクルーズや、さまざまなガイドプログラム、また冬に開催している「ねむろバードランドフェスティバル」の楽しみ方などをご紹介。

>> 根室市
>> 別海町

タンチョウの故郷・くしろ

くしろ(1市6町1村)は北海道東部に位置し、このほど国立公園の名称を改称した「阿寒・摩周」と「釧路湿原」の二つの国立公園、「厚岸道立自然公園」、四つのラムサール条約登録湿地を有しており、自然環境に恵まれ農業、酪農、漁業から産地が誇る風味溢れる食材。森・湖・湿原・岬と感動を呼ぶ景勝。美味しい空気を満喫しながら静寂な川下りやウォーキングなど。冬は雪原をステージにタンチョウの優雅な舞。感動満ちる「くしろ」へ!!

>> 釧路観光連盟

十三崖チョウゲンボウ応援団

長野県中野市にある「十三崖のチョウゲンボウ繁殖地」は、世界的にも珍しい崖地の集団営巣地として、国の天然記念物に指定されています。しかし、指定当時20以上見られた営巣数は、今年は1にまで減少してしまいました。そこで「十三崖チョウゲンボウ応援団」が、営巣数の回復を目指し繁殖地の整備を行っています。「十三崖チョウゲンボウ応援団」のブースでは活動の照会と、産地直送の果物の販売をしています。ぜひお立ち寄りください。

>> 十三崖チョウゲンボウ応援団(中野市教育委員会事務局生涯学習課)

世界自然遺産 小笠原諸島

世界自然遺産小笠原諸島のブースでは、小笠原の圧倒的な大自然はもちろんのこと、昨年7月に新しく生まれ変わった定期船おがさわら丸の船内へ、新感覚VRトリップ体験して頂きます。まるで小笠原の大自然に飛び込んだかのような360度の疑似体験をお楽しみください。さらに、小笠原諸島の地酒「RUM」の試飲もご用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!

>> (一社)東京諸島観光連盟 小笠原村観光局

クマゲラの島 利尻島

利尻島の留鳥である「クマゲラ」の魅力を写真や実物の巣などを展示して伝えます。クマゲラの生息数は全国で500〜600羽と推測され、北海道と東北の一部にしか生息しない国内最大のキツツキですが、利尻島の原生林では比較的容易に見ることができます。豊かな森が存在する利尻島ならではのクマゲラと森、そこに暮らす人との関係、共存もテーマしています。

>> 利尻バードプロジェクト

11 ISLANDS 東京諸島

皆さま、初めまして。突然ですが、東京の島は幾つあるかご存知でしょうか?
実は11島あります。えっ?そんなにあるの?!と驚かれた方もいらっしゃると思います。
一番近い島から伊豆大島・利島・新島・式根島・神津島・三宅島・御蔵島・八丈島・青ヶ島・父島・母島です。東京の島はバードアイランドとしても知られていて、多くの野鳥がいます。アカコッコ、イイジマムシクイ、シチトウメジロ… 今日は島在住のスタッフもきております。東京の島の魅力とあわせてたっぷりとお届けいたします。

>> 東京諸島観光連携推進協議会

鳥博ミュージアムショップ

鳥博オリジナルグッズをいろいろとりそろえて(トリハクなだけに)おまちしています!

>> 我孫子市鳥の博物館

静岡県下田市

静岡県の伊豆半島にあります下田市です。エメラルドグリーンと白砂の綺麗な海、日本一の水揚げ量を誇る金目鯛等の海の幸、そして幕末期の開国の街として知られています。下田の名産品を持ってお邪魔させていただきますので、どうぞお立ち寄りください。

>> 静岡県下田市

軽食コーナー出展案内

出展は4日(土)、5日(日)両日です。

出展者・出展団体一覧
鈴木屋 焼鳥宅配便
インド・ネパール料理 ユニーク Lunajuli Café(ルナジュリ カフェ)
ハピハピ 弥生軒
笑福

鈴木屋

手賀沼の自然が将来もずっと残り、野鳥の楽園となるよう、自然と人との調和、共存を願ってお弁当を作りました。この「野鳥の楽園」を多くの方に知ってもらい、野鳥の保護へ少しでもお役に立てればと思います。割烹職人が腕を振るってご老人から若い人まで幅広く召し上がっていただける料理を詰めましたので、是非ご賞味ください。

>> 鈴木屋

焼鳥宅配便

炭火焼鳥、鳥の供養。

>> 柏鳥一番

インド・ネパール料理 ユニーク

我孫子駅北口より徒歩3分のカレー屋です。美味しいカレーがあるのでぜひ来てください。
ランチは500円でお持ち帰りできます。JBFではナンだけですが、お店ではナンまたはライスがお変わり自由です。

Lunajuli Café(ルナジュリ カフェ)

鳥と人の共存を大切にする自然豊かな我孫子市でとれた食材やおいしいソースをつかったモチモチ生地のクレープを販売します。

ハピハピ

>> DOAX(株)

弥生軒

>> 合名会社 弥生軒

笑福