Thank you!

アクセス

トップページ > 会場別/出展案内 > 鳥の博物館出展案内

鳥の博物館会場のご案内

日本国内唯一の鳥専門の博物館です。鳥の標本数は、日本一でなんと3,000体ほど。
常設展示から、企画展、鳥グッズの販売、体験コーナーなど。子供から大人まで楽しめます。JBF開催中は入館無料です。この機会に是非!

鳥の博物館出展案内

第84回企画展「世界からみた日本の鳥」
日本列島は、地球の陸域面積の1%にも届きませんが、大陸から隔離された環境であるため、すみついた鳥たちが独自の進化を遂げ、多くの固有種をはぐくんできました。今回の企画展では、日本とその周辺にしか分布しない鳥を取り上げ、海外から訪れる皆さんにも喜んでもらえるような、“日本らしい鳥”を紹介します。

■鳥の工作:午前

■鳥博クイズ:午後

■てがたん in JBF2019

■ゲストトーク:JBF参加団体にじっくりお話ししていただきます。
11月3日(日)10:30-11:30(開場:10:00)
「台日野鳥交流活動―海外野鳥観察旅行の新たな楽しみ方―」
講演者:林憲文(台湾野鳥保育協会会長)、間野吉幸(我孫子野鳥を守る会前会長)
場所:2階多目的ホール  定員:50名(事前申し込みなし・先着順)
台湾の鳥の魅力と、市民レベルでの野鳥交流活動の醍醐味について、お二人にご講演頂きます。台湾は日本と同様に島国であり、面積は九州と同じくらいですが、固有種の数は日本より多く、合計29種が知られています。毎年、日本から多くのバードウォッチャーが訪れますが、その魅力を台日双方の視点から語って頂くのは、ゲストトークで初の試みです。

>> 我孫子市 鳥の博物館オフィシャルサイトへ