Thank you!

アクセス

トップページ > イベント案内

イベント案内

鳥や我孫子にまつわる人たちの音楽、トークセッション、ウォールペイントなど、もりだくさんの楽しいステージです。手賀沼親水広場特設ステージにみんな集まれ!

お知らせ
※出演者・ステージ内容は での情報です。
出演者・内容は変更になる場合があります。その都度、このページで告知します。

2017年11月4日(土)ステージイベントスケジュール
11月4日(土) 出演者・タイトル
総合司会 西山遥翔(ニシヤマハルカ)
10:00 開会式およびウォールペイント(鳥絵ライブ) 富士鷹なすび
10:10 あびこ少年少女合唱団
10:30 soma latte(ソマラテ)
11:00 夏一
11:30 ソノライフ
12:10 ヤマネコ部
12:40 巣箱作りの話(八東ふる里の森)
13:20 手賀沼サンセット
13:50 鈴木美也子
14:30 我孫子3館クイズ(アビシルベpresents)
15:10-16:00 じゅんぺいの鳥声イントロどん
2017年11月05日(日)ステージイベントスケジュール
11月05日(日) 出演者・タイトル
総合司会 西山遥翔(ニシヤマハルカ)
10:00 ヤマネコ部
10:30 巣箱作りの話(八東ふる里の森)
11:10 鈴木美也子
11:40 手賀沼サンセット
12:10 ♪鳥くん&The PIPITZ ゲスト:きゅるりん須藤祐、石塚奏
13:00 じゅんぺいの鳥声イントロどん
13:50 我孫子3館クイズ(アビシルベpresents)
14:30-15:00 閉会式〜最後のお楽しみ「じゃんけん大会!

出演者一覧

総合司会:西山遥翔(ニシヤマハルカ)

4日(土)、5日(日)

西山遥翔(ニシヤマハルカ) プロフィール: 2014年 NHK全国放送コンクール優勝。エンタメ映像作品、ドキュメンタリー作品等でナレーションを担当
意気込み:普段は一般企業でグラフィックデザイナーを担当しており、時々、外部での芸能活動の依頼を受けます。今回のような司会業は初挑戦ですが、ジャパンバードフェスティバルを円滑に進行していけるよう頑張ります!よろしくお願いします!

ジャパンバードフェスティバル公認キャラクター「きゅるりん」 

4日(土)、5日(日)

きゅるりんプロフィール: 「会場内をきゅるきゅる歩いているので、気軽に声をかけてきゅる!写真もOKだっきゅる!」
年齢:不明、性別:不明、誕生日:11月1日、鳴き声:きゅる〜、性格:人が好き、おっちょこちょい、なでられるの好き、好物:お寿司、すき焼き、木の実
☆人と鳥が共存する街、我孫子に住んでいるきゅるりん。きゅる語を話すよ。きゅる語が分からなくても大丈夫。日本語と英語が少しなら分かるよ。"きゅるきゅる"と話しかけると喜ぶよ。

ウォールペイント鳥絵ライブ 富士鷹なすび

4日(土)10:00

富士鷹なすび プロフィール: JBF2017ポスター/チラシのイラストの作者。「週刊少年チャンピオン」にてギャグ漫画でデビューし、その後、ほのぼのギャグ漫画と並行して公園の案内看板(動植物の絵)なども手がける。最近はもっぱら野鳥漫画家として、「BIRDER」(文一総合出版)や「野鳥」(日本野鳥の会)にイラストや漫画を掲載。2014年から「ヒナを拾わないで!!」キャンペーンポスターのイラストを担当している。2009年の初回の鳥絵ライブ以来の登場。 主な著書:「原色非実用野鳥おもしろ図鑑」(日本野鳥の会)、「非實用野鳥圖鑑」(台湾・遠流出版)、「Q版奇趣野鳥図鑑」(中国・天津人民美術出版社)、「ぐるり科学ずかん 変身のなぞ 科学のスター!」(玉川大学出版部)イラスト担当、「カラスのひみつ」(PHP研究所)イラスト担当

>> 富士鷹なすびオフィシャルサイトへ

あびこ少年少女合唱団

4日(土)10:10

あびこ少年少女合唱団 プロフィール:あびこ少年少女合唱団は、主に我孫子市内と周辺に住む歌うことの大好きな小中学生が参加しています。
学校や学年の枠を超えて 合唱を通じ交流を図りながら音楽を楽しむとともに、子供たちの心豊かな成長と我孫子市の文化の振興に寄与することを目的とし、市内外の数々のイベントに積極的に参加しています。

>> あびこ少年少女合唱団オフィシャルサイトへ

soma latte(ソマラテ)

4日(土)10:30

soma latte(ソマラテ) プロフィール:神奈川県出身のシンガーソングライター。いくつかのバンド活動を経て、2014年よりソロで弾き語りでの活動を開始。活動名の由来は中々一度では読まれない苗字をもじったもので、意味合いがあるわけではない。
せつなさや儚さを感じられるようなうねりのあるメロディーに、展開的な歌詞、そして何より、低音から高音まで一音ずつに色味のある歌声が特徴的。

>> soma latteオフィシャルサイトへ

夏一

4日(土)11:00

夏一 プロフィール:中学生の時にヒップホップやレゲェの音楽に衝撃を受け、マイクを握る。ステージに立ったのが17歳の時、東京に揉まれ自分らしい音楽を探し続け幾年。たどりついた一つの答えが地元「式根島」を感じさせる音楽。真っ青な海、突き抜ける空、魚くさいエプロン、ば〜ちゃんの畑。何より自身の経験から時にやさしく時に力強く、また時に潮くささが感じられる詩。かっこう良い音楽はそこらじゅうに溢れてる。じんわりと心に素直に沁みてくるまっすぐな詩。夏一の原点はそこにある。

>> 夏一オフィシャルサイトへ

ソノライフ

4日(土)11:30

ソノライフ プロフィール:Vocalの千坂義樹(ちさかよしき)とPianoの北出満(きたでみつる)による二人組ユニット。2010年結成。 ユニット名の由来は「肩の力を抜きながら、自分達の好きな音楽を楽しく奏でる生活、それ即ち『素の生活=ソノライフ』である」という千坂の造語から来ている。 固定のジャンルにとらわれず、Pops、Rock、Jazz、Soul、R&Bのエッセンスを汲み取りながら「日常の風景をありのままに表現する音楽」を標榜している。

>> ソノライフオフィシャルサイトへ

ヤマネコ部

4日(土)12:10、5(日)10:00

ヤマネコ部 プロフィール:出会いはヤマネコ。数年前の動物企画展示で出会い音楽好きと判明しアンサンブルやりたい!パーカッション入れる!ならトリオ!という感じで陶芸家の家鴨窯さんの展示「家鴨窯フェス」で演奏させていただき結成。
フルート:秋川貴子(動物のプロ)
オーボエ:鈴木動物園(粘土作家)
パーカッション:すぎはらゆり(イカ紳士とねこ)

八東ふる里の森・高田館長のふる里の森と巣箱作りの話

4日(土)12:40、5日(日)10:30

コノハズクとアカショウビンで有名な「八東ふる里の森」がJBFに初参加。
名物館長の高田氏による、ふる里の森と巣箱作りの話しが聞ける滅多にないチャンスです。

>> 八東ふる里の森オフィシャルサイトへ

手賀沼サンセット

4日(土)13:20、5日(日)11:40

手賀沼サンセット プロフィール:I Love Dance & Rock’n Roll ! 放課後アイドルとして2017年7月から活動を開始。ボーカルユニットのREI、MEIとダンスユニットのHIME、YUME、RAN からなる5人組ダンス&ボーカルアイドルグループ。
1stミニアルバム(CD)「手賀沼サンセット」はWEBやライブ会場で発売! 「みんなでいっしょに盛り上がって青春!夕日に向かって走れ!」

>> 手賀沼サンセットオフィシャルサイトへ

鈴木美也子

4日(土)13:50、5日(日)11:10

鈴木美也子 プロフィール:幼い頃から歌が好きで、歌番組での優勝経験を持つ。現在はボサノヴァギター弾き語り歌手としてJR東日本のリゾート列車「伊豆クレイル」内をはじめ様々な場所で演奏活動を行う。2016年に1stアルバム「Madrugada」を発売。透明感あふれる優しい歌声で聴く人の心を癒している。
バードウォッチングを通して野鳥や自然環境から多くの感動やエネルギーをもらいながら日々を過ごす。

>> 鈴木美也子オフィシャルサイトへ

我孫子3館クイズ(鳥の博物館、杉村楚人冠記念館、白樺文学館)

4日(土)14:30、5日(日)13:50

司会:マネちゃん
アビシルベセンター長、マネちゃんこと間根山圭一(マネヤマケイイチ)です。日々、老体にムチ打ちながら我孫子の観光案内をしています。目標は、歌って踊れるセンター長。今年もクイズの合間に踊ります! 我孫子市内にある3館、鳥の博物館、杉村楚人冠記念館、白樺文学館についてクイズを出題します。正解者には、豪華?!景品あり。みなさん、是非参加をしてください。

アシスタント:池田さん
アビシルベのスタッフ「池田さん」。普段は我孫子市内の見どころやイベント、おすすめの飲食店などを紹介しています!“自然”と“生き物”(もちろん鳥も!)と“本”をこよなく愛する外向きなオタク。好きな鳥はハシビロコウとコザクラインコです!
JBFのステージでは、我孫子市3館のとっておきなクイズを出題します!みなさんは正解できるかな?!

スペシャルゲスト 我孫子市長・星野純一郎【11/5(日)のみ】

我孫子インフォメーションセンター「アビシルベ」presents

じゅんぺいの鳥声イントロどん! 協力:松田道生

4日(土)15:10、5日(日)13:00

司会:廣田純平 プロフィール:埼玉Young探鳥会のリーダーとして活動中。週末が生き甲斐の独身アラサー。
鳥の表情と仕草が好き。小学生からバードウォッチングを始める。2015年から始めた写真にはまっており、週末はどこかへ鳥見と写真撮影へ。イントロどんに出場する立場が、♪鳥くんからの無茶なお願いで2016年からなぜか司会に……。温かく見守ってやってください。

《解答者紹介》

織田 光
織田 光
東京出身宇都宮在住の大学3年生です。大学では森林について学んでいます。好きな鳥はジョウビタキ!小5の頃、親に近所の川に連れられて初めて鳥を見たのがきっかけで今も続けてます。大学に入るまで鳴き声に注意せずに鳥見をしていたので鳥の鳴き声はほぼ初心者です。当日は最低一問答えれるよう頑張ります!
河辺 健
河辺 健
埼玉県在住の大学2年生。カッコいい猛禽類の姿に魅せられて鳥見をはじめました。最近のブームは丸っこい鳥を見ること!週末は鳥を見たさにクロスバイクで往復100km走ることもあります。実のところ鳴き声はさっぱりです。耳鼻科のお医者さんに50代後半レベルの聴力だと言われましたが、全力で挑みます!
木内 理沙
木内 理沙
生き物大好きな、まだギリギリ女子大生です!去年を糧に今年リベンジ!
高田 陽
高田 陽
野鳥観察を本格的に始めたのは大学生になってからの初心者バードウォッチャーです。当時は周りに鳥を見る友達がおらず、Young探鳥会に参加し、鳥の世界にずぶずぶとハマっていきました。1年生の冬からは、学生バーダーの横の繋がりをもっと活発にしようと「関東学生鳥ねっと」という団体を立ち上げました。探鳥会の他に最近では勉強会も開催し、学生同士で鳥について色々な角度から深めていければと日々奮闘中。僕自身もまだまだ鳥のことは勉強中なので、鳥好きな学生の皆さんと一緒に勉強できればと思います。是非、「関東学生鳥ねっと」で検索を!まだまだ勉強中の学生バーダーなのでお手柔らかにお願いします。
土屋 若葉
土屋 若葉
バードウォッチングと野鳥撮影の専門店、Hobby's World(ホビーズワールド)のNEWスタッフです。司会者からの昨年に引き続く出演依頼を断り切れず、今回参加させていただくこととなりました。間違いを恐れず解答していこうと思います!(笑)当日、イントロどんの会場とホビーズブースでお会いしましょう!

>> Hobby's World HPはコチラ

西村 聡真
西村 聡真
日本野鳥の会神奈川支部ジュニア会員、バードウォッチャー歴6年の酉年生まれの小学生。 ニックネームは、♪鳥くんから拝命した「小鳥くん」。 今、お気に入りの鳥は、岐阜のおばあちゃんのところで見たコウライウグイスです。 今回は小学生最後の思い出として、前回よりも多く正答できるよう頑張ります。
古澤 春紀
古澤 春紀
東邦大学理学部 2年 自然観察の会&里山応援隊所属。 鳥見歴2年。鳥を見始めたきっかけは、ムクドリを見て、とあるアニメキャラクターのモチーフとなっていることに気づいたから。種類を多く見るより、個体ごとの行動をみることが好き。最近のマイブームの鳥はサギ類。

♪鳥くん&The PIPITZ ゲスト:きゅるりん、須藤祐、石塚奏

5日(日)12:10

♪鳥くん & The PIPITZ プロフィール:とりース!世界初?!鳥歌詞オンリーロックンロールバンド・♪鳥くん&The PIPITZの初のCDがついに完成!「バードレナリンがどばどバード」(12曲入り)2500円(JBF特別割引価格+ピヨちゃん缶バッヂ付き)」特設ステージ横の♪鳥くんブースで販売しています。メンバー全員のサインをもらえるチャンス!

【スペシャルゲスト】
須藤祐 プロフィール:小野瀬雅生ショウのギタリスト&ボイメン、ヘタリアなどのアレンジャー。
石塚奏 プロフィール:埼玉県在住の高校生で好きな鳥はミサゴです。

>> ♪鳥くん(永井真人)オフィシャルサイトへ

最後のお楽しみのじゃんけん大会!

5日(日)15:00くらい

閉会式や表彰式がすべて終わった後、最後のお楽しみはじゃんけん大会!
お相手のじゃんけんマスターは日本鳥類保護連盟の岡安さん。勝ち残って素敵な賞品をゲットしよう!